Demetrious Johnson Officially Joins ONE Championship






October 28, 2018
The most dominant world champion in mixed martial arts history has arrived in ONE Championship.

Demetrious Johnson has signed a landmark deal that will see the American megastar compete in The Home Of Martial Arts.

Widely regarded as the best pound-for-pound combat sports athlete of this era, the 32-year-old will head to Asia to showcase his incredible skill set in front of a new legion of appreciative fans.

Johnson began his martial arts journey as a successful wrestler in high school, eventually finishing as one of the top wrestlers in the state of Washington during his junior and senior years. In 2007, two years after his graduation, he made the switch to mixed martial arts.

He then put together a 10-bout win streak and quickly found himself competing in North America’s biggest promotions.

In 2012, Johnson became the inaugural UFC Flyweight World Champion, and his grip on the title has been unrivaled anywhere else in the sport. He posted 11 consecutive defenses over a six-year stretch, finishing seven of his elite-level challengers inside the distance.

Dominating the opposition put in front of him, the Washington luminary became renowned for arguably the most complete repertoire of skills ever seen in the cage.

Johnson currently holds a 27-3-1 professional record, with five wins coming via knockout and 11 via submission. He has never been finished in his 11-year career.

Now, after clearing out the flyweight division in North America, he has opted to test himself against fresh challenges in Asia.

ONE Flyweight World Champion Geje “Gravity” Eustaquio will be watching carefully, and the likes of Adriano Moraes, Kairat Akhmetov, Reece McLaren, Danny Kingad, and Gianni Subba are all potential rivals for the American.

Johnson is the latest in a slew of high-profile signings to ONE Championship, including multiple-time World Champion Eddie Alvarez and top kickboxing star Nieky Holzken.

 


 

 

 

 

 

 

デメトリアス・ジョンソンがOne Championshipに加入!

 

2018年10月28日

総合格闘技において最も支配的な世界チャンピオンがOne Championshipにようやく出現。

 

アメリカのメガスター、デメトリアス・ジョンソンは格闘技の本拠地で歴史的な調印をした。

 

パウンド・フォー・パウンドでもトップに君臨していた32歳は、新天地アジアに向かい、彼の信じられないような技を待望するファンの前で披露する。

 

ジョンソンは高校時代にレスリングに励み、高校時代においてもワシントン州のトップレスラーとして認知されるようになった。卒業後2年目の2007年、総合格闘技に転換した。

 

その後、10連勝の戦績を残し北米最大のプロモーションに参加して自分自身を見つけた。

 

2012年、ジョンソンは初代UFC世界フライ級王座決定選を勝ち抜き初代チャンピオンになる。その後のタイトルはスポーツのどこでも他に類を見ないものとなった。レベル高い挑戦者7人との対戦を終えて、6年の間に11の連続防衛を残した。

 

非常に厳しい状況に置かれたワシントンのヒーローは檻の中で最も完全なスキルの存分に見せ付けた。

ジョンソンは11勝の王座防衛記録を保持し、そのうちKO5勝を挙げ、27勝-3敗-1引き分けのプロ記録を樹立しています。11年間のキャリアでも終わりが見えない。

 

アメリカにおけるフライ級部門を制覇した今、ジョンソンはアジアにおいて新たなチャレンジの道に挑むことを決断した。

One Championshipにおける世界チャンピオンであるジェイヘイ・ユースタキオはこの状況を注意深く見守っており、アドリアーノ・モラエス、カイラット・アクメトフ、リース・マクラーレン、ダニーキンガット、ジアーニ・スッバのような選手は潜在的なライバルとして見られている。

 

今回のジョンソンのサインは世界チャンピオンのエディ・アルバレスとトップキックボクシングスターのニキー・ホルツケンを含む注目のサインとなっている。

About the Author

Jeremy Deschner
Black Belt in Tae Kwon Do from the Texas Karate Institute. Now training in Brazilian Jiujitsu in Japan. Twitter: @mmajpn1 @jiujitsu_Jedi