Eddie Alvarez Reveals Why He Joined ONE Championship





 

 

Japanese follows the English

 

Eddie Alvarez Reveals Why He Joined ONE Championship

October 18, 2018

 

Eddie “The Underground King” Alvarez has broken his silence.

 

On Thursday, 18 October, the American superstar joined the ONE: HEART OF THE LION Global Press Conference Call with the media, and he spoke for the first time since officially signing with ONE Championship earlier this week.

 

The 34-year-old previously held lightweight world titles in two of North America’s biggest mixed martial arts promotions, and the opportunity to capture a record-setting third major world championship in his weight class was something he could not pass up.

 

“ONE is the only major organization that I haven’t got to touch that world title belt, and I think for myself, my family, my fans, and everyone, this would mean I have a chance at making history — possibly history that could never be made again,” he states.

 

“It would take a fighter 20 years in the fight game to be able to fight for these organizations, and it’s almost like a lottery ticket to be able to win one world title. So to go to every major organization, fight the best guys in that organization, and beat them one-by-one and win [a third] world title means the world to me. It’s another thing to get excited about.”

 

Another thing that attracted “The Underground King” to The Home Of Martial Arts was competing at his walking-weight.

 

ONE has banned weight-cutting by dehydration and has instead implemented a revolutionary system that ensures all of its athletes are hydrated, fit, and healthy before entering the cage or the ring.

 

“I love the idea of this. I have been an advocate of it for years,” Alvarez says.

“I’ve been cutting weight pretty much ever since I was 15 years old, and there is not a healthy way to do that. The whole idea of it is unhealthy, and to be able to have to compete within a 15-hour to 20-hour frame immediately after being severely dehydrated is a tough thing to do.

 

“I don’t mind it, and I’ve done it for years. But, I’m very, very excited about the idea of being fully hydrated, not making that weight cut, and being able to compete at my ‘walk-around’ weight. I guess it’s healthy for me, but I feel like it’s going to be dangerous for my opponents.”

 

In addition to that, Alvarez appreciated how ONE offered him something much more than a financially lucrative contract.

There were several mixed martial arts companies that approached him with strong financial offers, but the organization wanted to establish a long-lasting relationship with the American that goes well beyond a business partnership.

“It’s a business first with these promotions, and ONE looked out for me, looked out for my family,” he says. “They understood my wants and my needs, and I think it’s important at this point to return the favor.”

 

Alvarez expects to be in the ONE cage soon enough, too.

 

The American will attend ONE: HEART OF THE LION in Singapore on Friday, 9 November. He will be a guest at cageside that night, but he plans to return to Asia and make his highly anticipated debut in the world’s largest martial arts organization early in 2019.

 

While a date and an opponent have yet to be determined, “The Underground King” guarantees he will be ready to begin his quest to the ONE Lightweight World Title.

 

“It’s going to be incredible,” he says. “I promise you guys, everyone who has seen me fight, you are in for a show.”

 


 

エディ アルヴァレスなぜONE Championshipに加わったのかを明らかに

2018年10月18日

 

エディ“アンダーグラウンドキング”アルヴァレス、沈黙を破る。

 

10月18日(木)アメリカのスーパースターは今週のはじめONE Championshipとの正式契約以来始めてONE:HEART OF THE LIONグローバル・プレス・カンファレンスに出席しメディアと会見をした。

 

34歳で北米最大級の2つの総合格闘技競技会でのライトウエイト級世界タイトルを握っていたが、同じ階級での3つ目となるタイトル獲得という新記録を達成できるチャンスを見逃すことはできなかった。

「ONE Championshipは、私がタイトルベルトに触れることができなかった唯一の団体です。私は自分自身、私の家族、ファン、そして誰にとっても、私が新たな歴史を作れるチャンスがあることを意味します。おそらく塗り替えられることのない歴史を」

 

「一人のファイターがこれらの団体で戦えるようになるには20年を要するだろう。ましてやワールドタイトル獲得ともなれば宝くじに当たるようなもの。各団体におもむきその最高の選手と戦い一人また一人と勝つこと、そして3つ目の世界タイトルを獲得することは測りしえないことです。それ自体興奮することです」

 

“アンダーグラウンド・キング”が格闘技の本拠地に惹かれたもう一つの理由はウォーキングウェイトでの参戦である。

 

ONE Championshipは脱水による減量を廃止し、選手がケージやリングに入る前は脱水することなく、健康で戦いに適した状態で望めるよう画期的なシステムを実現させた。

 

「このアイディアはとても気に入りました。私もずっとこの考えを訴えてきた」

 

「私は15歳くらいからずっと減量にとりくんできましたが決して健康的な方法とは言い難いです。極度の脱水状態から15から20時間後にいきなり戦うことは非常に困難なことだし、そもそも健康によくないことです。」

 

「何年もやってきたことで、気にはなりません、がしかし脱水することなく、体重を落とすことなく、自分の“ウォーク アラウンド”の体重で試合にのぞむことができるとは興奮します。自分にとっては健康的ですが相手選手には危険でしょうね」

 

それに加えて、アルヴァレスは、ONE Championshipが金額面において契約よりも有利なものを提供したことに感謝しています。

 

強力な資金提供で彼にアプローチしたいくつかの総合格闘技団体があったが、ONE Championshipはビジネスパートナーシップをはるかに超えた長期的な関係を確立したかった。

 

「このようなプロモーションではビジネス優先になりがちがだ、ONE Championshipは私の事を考慮してくれた、私の家族のことも。」と、「彼らは私の要求と必要としていることを理解してくれた、この恩返しをすることが大切だと考えている」

 

アルヴァレスもすぐにONE Championshipのケージに入ると予想しています。

 

11月9日金曜日、シンガポールでのONE Championship: HEART OF THE LIONにケージサイドゲストとして参加するが、世界最大の総合格闘技団体の大いに期待されたデビューのために2019年の早い段階でアシアに戻ってくる。

 

日付と対戦相手はまだ決定されていないが、 そのときのために「アンダーグラウンド・キング」はONE Championshipライトウエイト世界タイトルへ向けた探求の準備が出来ていることを保証すると。

 

「信じられないことになるだろう」と彼は言う。 「約束する、私の戦いを観戦したことのあるひとは、見逃せないショーになるとを」

About the Author

Jeremy Deschner
Black Belt in Tae Kwon Do from the Texas Karate Institute. Now training in Brazilian Jiujitsu in Japan. Twitter: @mmajpn1 @jiujitsu_Jedi