Demetrious Johnson Explain why he joined One FC





 

Japanese follows the English.

Demetrious Johnson is thrilled to have joined the world’s largest martial arts organization.

On Monday, 29 October, the American flyweight participated in a conference call with media from across the globe to discuss his signing to ONE Championship.

“I am very honored and grateful to be able to be a ONE athlete. It is a huge move on my part and for my career,” he said.

“I am looking to get over there in Asia and test my skill set against the best of ONE Championship in the flyweight division.

“I know those guys are animals. I know Geje [Eustaquio], [Adriano] Moraes, [and] all the other guys are beasts, and I am looking to getting in the ring with those guys to see how well I fare.”

Johnson is the most dominant world champion in mixed martial arts.

He captured the inaugural UFC Flyweight Championship in September 2012, and made 11 consecutive defenses – more than any other titleholder in the sport’s history.

Following his last bout in August, the Washington native sought new challenges and privately expressed his desire to compete overseas with ONE.

“I felt that I am pretty young in my career and I wanted to try something different,” Johnson explained.

“I always wanted to travel the world and compete, and I actually grew up watching Asian mixed martial arts – with PRIDE, mostly. To be able to have the opportunity to travel over to Asia to compete in a totally different weight class is something I couldn’t pass up.”

Another thing that attracted Johnson to ONE Championship was its principles.

Many Western companies encourage their athletes to promote bouts with trash talk and crude behavior, but ONE emphasizes martial arts’ values and places a premium on competitors’ skills.

It is an approach that fits with the “Mighty Mouse” ethos.

“I was never the biggest fan of the way people went about promoting their fights over in North America. I saw some athletes use it as a way of bullying, [and] as a way of gaining followers,” he said.

“I am very excited I don’t have to go through that whole thing, [and can carry] myself as a true martial artist. I have felt I have always done that in my time here in North America, and it’s in everybody’s DNA in Asia.

“It’s always about respect and promoting the fight the correct way as true martial artists who are going to go in there and test our skills against each other.

“I’m not a confrontational person. I do mixed martial arts because it’s something I love, and it helps me express my feelings. I’m an artist when I go to compete.

“Artists don’t run their mouths and attack people, or cause a big scene. They focus and put their energy on what they love to do, which is being a martial artist. What I love to do is being a martial artist, so I’m very much looking forward to it.”

Johnson hopes to make his promotional debut in January or February, but he does not expect to get a shot at the ONE Flyweight World Championship right away.

He plans to work his way into contention, claim the belt, and then defend it as many times as he can.

The 32-year-old also added he is interested in branching out and testing his striking skills in ONE Super Series.

“I definitely think I have the skills to do it. I actually have Muay Thai and shoot boxing competition underneath my belt, but first thing’s first – I get my toes wet in mixed martial arts,” he said.

“As long as Chatri [Sityodtong, ONE Chairman and CEO] is okay with it, and my coach is okay with it, then I don’t see [a problem]. One of the beautiful things about ONE Championship is that you’re not just stuck in one pool.

“If I put my name in a hat to try a Muay Thai fight, I’m sure they wouldn’t be opposed to it – as long as I’m able to display that I have the skill set to do that, which I truly believe I do.”

 


 

デメトリアス・ジョンソンがONE Championshipに加盟した真相を語る

2018年10月29日

 

デメトリアス・ジョンソンは、世界最大の総合格闘技組織に加わることに興奮している。

去る10月29日の月曜日、アメリカのフライ級チャンピオンは、世界各地のメディアとの電話会議に参加し、ONE Championshipへのサインについて語った。

「まず1人の選手になることができて非常に光栄であり、感謝している。私のキャリアにとって非常に重大な決定だ」と語る。

「私はアジアに移りONE Championshipのフライ級の最有力者との闘いにおいて自分の実力を再確認したいと考えている」。

 

「私は彼らはまさに動物だと思っています。私はェイヘイ・ユースタキオ、アドリアーノ・モラエス、他のすべての選手が獣だと知っています。それらの獣と一緒にリングに入って、自分がどこまでいけるか、楽しみです」

 

ジョンソンは総合格闘技の中で最も支配的な世界チャンピオンです。彼は2012年9月に初のUFCフライ級選手権を制し、11回の連続防御を収め、スポーツ界において誰よりも多くのタイトル所有者となった。

 

8月の最後の試合の後、ワシントン州出身の彼は新たなチャレンジを追求し、個人的にONE Championshipにおいて海外勢と闘いたいと表明した。

「自分はファイターとしてまだ若いと感じたし、何か違う挑戦をしたいと感じていた」。

「自分はいつも世界を旅して闘いたいと感じていた。実は小さい時からアジアの総合格闘技、特にPRIDEを見て育った。アジアに行き、まったく異なる体重クラスで闘うことを諦めずにこのような機会を得た」

 

ジョンソンをOne Championshipに引き寄せたもう一つのことは、その基本原理だった。

多くの欧米団体は、選手に汚い言葉や野蛮なふるまいをするよう奨励したが、One Championshipは武道の精神を強調し、選手のスキルを重視している。

 

これは、「マイティ・マウス」の精神に合ったアプローチだ。
「自分はアメリカにおける格闘技のプロモーションの仕方で賛同を覚えることはなかった。他の選手がそれをいじめの方法として、またフォローしてくれる人を得る方法として使っているの見た」。

「自分はこのようなやり方をせず、真実の武道家として進むことができることに対して非常に興奮している。自分はアメリカでいつもこの精神でやってきたし、その精神がアジアの人のDNAにあると感じている。それは尊敬を尊重し、真の武道家としての正しい戦い方をプロモーションし、スキルを測る武道家としての正しい考えです」。

「私は対立的な人間ではない。私が総合格闘技をするのはそれが私が愛しているものであり、私の心を表現できるからである。闘いは芸術であると信じている」。

 

「芸術家は口で人を攻撃することはしない。彼らは自分が信じることに集中する。それが武道家という芸術家です。私が望んでいるのは武道家であること、それゆえにこれからがとても楽しみだ」

 

ジョンソンは来年の1月もしく2月にプロモーションデビューをすることを望んでいるが、すぐにフライ級世界選手権での王座を得ることを期待していない。

まずは自分なりに闘いに参加し、ベルトを獲得し、可能な限りベルトを守ること。32歳の彼はONE Championshipでのスーパーシリーズで自分の技術を試す喜びを手にした。

 

「自分は絶対にスキルがあると確信している。実際にムエタイとシュートボクシングの経験があり、総合格闘技のもう一つの世界に首を突っ込むことが何よりも大事だと思っている。

「ONE Championshipのチャトリ・シットヨートンCEOがそれで大丈夫と言ってくれ、私のコーチがそれで大丈夫なら、私は問題ないと考えている。ONE Championshipの素晴らしさの一つは、一つのプールにこだわっていないということです」。

「もし自分がムエタイの戦いを試みようとすれば、そのスキルを表現できるのであればONE Championshipは反対しないということです。自分にはそのスキルを表現する力があると信じている」。

About the Author

Jeremy Deschner
Black Belt in American Karate from the Texas Karate Institute. Now training in Brazilian Jiujitsu in Japan. Twitter: @mmajpn1 @jiujitsu_Jedi